デスクワークに多い”腸腰筋症候群”

【大船で整体ならパーソナルケア-ブログ】

どうも堀江です。


今日は”腸腰筋症候群”についてご紹介します。

あまり聞き慣れない名前ですが、うちに腰痛で来店される患者さんの

殆どが”腸腰筋症候群”です。ヘルニアや坐骨神経痛で来店される方より多いです。

特に一日中座ることが多い、デスクワーク系の方は要注意です。



”腸腰筋症候群”を分かりやすく説明すると

 1.腸腰筋(骨盤前方のインナーマッスルの一つ)が、長時間の座り過ぎ等によって緊張
 
 2.腸腰筋が硬く縮まることで、股関節や腰椎が固まる
 
 3.椅子から起き上がる時に腰が痛い&重い


ということです。要は固まった状態から伸ばすから痛いということです。

体が縮まることで発生した張力に逆らって、立ち上がるのですから辛いですよね。

対策としては腸腰筋のストレッチがおススメですね。↓

腸腰筋ストレッチ縮小

腸腰筋(股関節付け根あたり)を意識して、無理せず30秒程伸ばしましょう。

それでも追い付かないようなら、一度近くの整体院に行かれることをおススメします。



大船/鎌倉の整体サロン”Personal care





【大船で整体ならパーソナルケア-ブログ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です