冬に多いぎっくり腰

冬に近づいてくると身体が冷えて血行が悪くなり、ぎっくり腰を引き起こしやすくなります。
寝起きの身体が固まった状態も同じです。

ベースに全身疲労が溜まっていたり、日常的に同じ姿勢をとっていること多い状態で
何か急激な動作(重いものを持つ、咳やくしゃみなど)をした瞬間に
筋肉に強い負担と緊張がおき、動かすと腰に強い痛みが走ります。

これからどんどん寒くなるので、ぎっくりにならないように今から予防をしていきましょう。

基本的な予防方法としては、
・身体を温める(特に足を冷やさない)
・同じ姿勢を続けない(筋肉が固まらないように、こまめに伸びをしたりストレッチで血行促進)
・朝、急にがばっと起き上がらない(一回横向きになって、両腕を使ってゆっくり起き上がる)

簡単なストレッチなどもお教えしますので
お気軽にスタッフにお尋ねください。